総務への転職成功の流れ

 事務系の中でも経理や法務等では専門知識があれば越したことがないような事務職となりますから、応募は少し気が引けたります。いっぽう総務は一概にそうとは言えません。人の世話が好きったり、何でも屋的発想を持ち、裏方的業務に興味があれば総務初心者でも採用の道は開けています。このため事務職の中でも総務への転職希望者の人気は比較的高く競争率も高めです。如何に効率的に転職活動を行うかがカギとなります。

 

 

転職の準備

 総務への転職希望者にとってより効率的な転職活動のポイントしては、人材紹介会社の活用をお勧めします。これは経理などもそうですが、総務職専門の人材紹介会社というものがあるからです。ここに登録し閲覧できる求人情報のほとんどは総務ですから、効率的に時間が使えるというものです。しかし、それだけに総務の経験者を望む求人も少なくありません。従って総務経験者にはうってつけです。そうでなく初めての総務への転職の場合でも、やはり登録しない手はないでしょう。加えて大手の人材紹介会社にも登録します。

 

関連記事

 

求人情報を探す

 求人情報は、専門の人材紹介会社から提供を受けます。殆どが総務のものですから、見ていて期待に胸が躍ります。スカウトされることも珍しくありません。若さとバイタリティが魅力で、あるいは転職年齢としては高齢の部類の方でも豊富な総務経験が魅力だからです。

 

関連記事

 

応募書類を作る

 総務への転職が初めてなら、履歴書の職歴欄は、会社名と配属部署名・職位および入退社年月を記載すれば足ります。いっぽう職務経歴書ですが、一見総務に関係ないと思われることでも、本当にそうか、少し考えてみましょう。例えばです。飛び込み営業は人当たりの良さ、いい意味で堂々とした接遇の心得、接待マナーの熟知等が、会社の窓口的部署となる総務には必要です。このように総務が未経験でも関連性を見つけ記載することがポイントです。総務経験者であれば、簡潔明瞭に経験職務、実績等を書きましょう。

 

関連記事

 

面接の対策をしよう

 面接では、初めての総務への転職希望者の場合ですと、必ずと言っていいほど「なぜ総務を目指すのか」を聞かれます。会社の顔となる職務であること、社員の縁の下の力持ちとなること、営業はじめ安心して働ける礎を維持する業務であること、会社の中枢的業務であること等、それらが自分にとって魅力である等、自分なりに整理しておくといいでしょう。結局、これは総務経験者とて同じことです。

 

関連記事

 

退職と入社準備

 最も望ましい形は、転職先が決まってから退職願いを出すことです。退職してしまってからの転職だと、焦りばかりが先立ちなかなかいい結果が生まれないものです。現職に就きながら転職活動をすることで、予め引き継ぎ書を纏めることも可能ですから、転職先が決まってから焦って作成等に翻弄されることはなくなります。また入社に際しては、まずは入社初日の社員全員に与える第一印象を無難に乗り切るようにしましょう。難しいことはありません。念のため入社初日の軽い挨拶の言葉を用意しておくこと、入社時の提出書類は忘れず持参すること、何より遅刻しないこと、笑顔を増やすこと、謙虚な姿勢で対すること等に留意することです。

 

関連記事



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト