職務経歴書では何が見られるのか?

1.業務内容が見られる

 職務経歴書の見られるポイントとは、まさに今までの職歴の集大成といえます。この書類の出来によって、書類選考を突破できるかにかかっています。職務経歴書は、ただ、職歴を書けばよいというわけではありません。担当者がどこに着目するのか考えて作成しなければいけません。それでは、どこが作成のポイントでしょうか?職務経歴書は、即戦力として使えるか如何か見る書類と言っても過言ではありません。よって、できる業務内容、または対応できる業務内容を的確に書くのにつきます。即戦力としで期待できるようである職務経歴書は、イメージしやすく評価も高くなります。また、社会保険労務士の資格保持はポイントが高いです。

 

 

2.職種だけではない

 職務経歴書は、具体的にいままで行ってきた業務内容を詳細に書いてあれば支障がないようにも思えますが、これでは他の方との差別化は難しいです。まず、業務を行った際に実際に会社に貢献した具体的な数値なども加える必要があります。この際の注意点ですが、役職の昇進をPRすることは避けましょう。昇進は、あくまでも会社内の話ですので、転職先には関係がないからです。総務の場合は、具体的な数値は難しいかもしれませんが、例えばシステム導入のサポートのリーダーを担当したとか、会社のイベントを成功させたとか、会社独自に行った業務に貢献した内容を付記すればよいでしょう。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト