応募書類の基本

1.見やすい事を心がける

 履歴書の書き方の基本は、最初に見た段階で全体のバランスがとれているのかが大きなポイントの一つです。まず、担当者によく読んでもらえるかが大事だからです。見た目ですが、適度な空白があり、文字も小さくなく読みやすいサイズで有る事が必要です。履歴書で指定されている項目を備考以外は全て空白をなく書きます。特に、職歴欄が不足するようでしたら、簡単に記載して職務経歴書で詳細に記載するようにします。資格欄ですが、応募する職種の業務内容に関連するようなら書いても問題がありませんが、書いても意味がない資格を沢山書くのはさけます。

 

 

2.具体的な中身について

 まず、一番先にくるのが写真です。これは、履歴書を作成する前に既に準備してあるかと思いますが、表情が暗い場合は撮り直しましょう。書類選考通過のポイントは写真といっても良いからです。今は何処の写真スタジオでも、履歴書専用としてその場で直ぐに仕上がります。しかし、数枚撮っただけはで中々満足のいく写真はあまりないのが現状です。よって、多少料金は、かかりますが納得できるショットを撮ってくれ、細かな修正まで対応してくれるスタジオを選択するのが大切です。学歴は小中までは卒業、高校からは入学・卒業と書いていきます。職歴ですが、必ず入社、退職の組み合わせで記載することを覚えている必要があります。入社・退社ではありません。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト