総務職に転職する目的を考える

1.総務職を目指す目的とは?

 総務という職種は、企業の規模によって意味あいが異なってきます。大企業でしたら、総務部門として独立しており、社員の入社・退職、休暇の管理、福利厚生など他に社内の雑務なども担当します。中小企業になりますと、総務と言っても社員の入社・退職、経理、営業事務、備品管理、掃除など多岐にわたります。いわゆる何でも屋です。大企業、中小企業に共通しているのは、社員の入退社の業務位だけと考えてもよいでしょう。それでも、転職であえて総務職を目指すということは、大企業の総務部門に照準を合わせて自分のスキルを試してみたいと考えているからです。

 

 

2.総務職が魅力なのは?

 総務職を希望する方は、大概がデスクワークのみを希望しているのが通常です。この仕事の特徴は、あまり変化がなく同じ仕事の繰り返しですから、一度、業務内容を覚えれば大きなミスもなく仕事ができますし、精神的負担が少ないからです。また、営業ノルマなどもないところが支持されている理由の一つでしょう。但し、雑用も多いのも確かですので、どの業務内容でも嫌がらずに行なわなければなりません。総合的に考えてもデスク作業が中心ですし、コツコツと地味に仕事を行える方には、魅力的なのでしょう。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト