私のいきなり転職体験記(20代・男)

25歳男性
工場勤務
事務職
リクナビNEXT

 

 

 怪我のため、それまで続けていた肉体労働のアルバイトを続けるのが困難になってしまったため、それをいい機会だと思い、就職しようと決意しました。

 

 それまでも就職を考えた事はありましたが、現場を任される事もあり、考えはしつつも就職活動をできずにいました。

 

 

 

 面接時に、自信と笑顔を忘れない事を心がけました。

 

 自信と笑顔を持って面接に望んだ事は、褒めて頂ける企業はたくさんありましたが、少数の企業ではお叱りを受ける事もありました。

 

 

 

 モチベーションの維持に本当に苦労しました。早く就職しないといけないと焦る気持ちもあり、ストレス発散がなかなかできず、本当に苦労しました。

 

 最終的には週2日、休養をとり5日は全力で就職活動という形でどうにかモチベーションを維持しました。

 

 

 

 怪我というアクシデントから就職活動をはじめたため、スーツすら持っておらず、資金的に非常に厳しくなってしまった事が最大の失敗でした。

 

 貯金の残高を気にしながらの就職活動は、精神的に厳しく、できることならもう少し貯金を作ってから就職活動すべきだったと今でも思っています。

 

 また行きたい業界・業種というものを持っていなかった事で、色々な企業の面接を受けることにした結果、最低限の知識を毎回詰め込まなければならなくなったのは大きな失敗でした。

 

 

 

 私自身に特にこの仕事をやりたいという希望もなく、また怪我のため、経験を生かせる仕事というものも全くありませんでした。

 

 そのため、社員が全員、笑顔で出社している今の会社に決めました。そのような会社を作った社長の人柄に惹かれたのも選んだ理由のひとつです。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト