総務に転職したい人のための簿記検定(日商簿記)

総務に転職したい人のための簿記検定(日商簿記)

 

 簿記検定(日商簿記)は、経理についての知識・スキルを身に着けることができる公的資格として、定番中の定番です。

 

 総務に転職したい場合には、経理・会計などについての知識も必要となりますから、是非とも取得しておくようにしたいものです

 

そもそも簿記とは?それぞれの難易度

 簿記が何なのか全く分からないという方は、まずは3級の学習からはじめるようにしましょう。借り方・貸し方など独特な用語がたくさんありますので、多少苦戦するかもしれませんが、慣れてしまえば機械的に処理することができるようになります。

 

 総務に転職したい場合には、いきなり2級から受験しても構わないでしょう。ただ、3級程度の知識は前提としてマスターしておかなければなりません。

 

 日商簿記2級では、企業内部の経理を担当するために必要となる知識が問われます。商業簿記だけではなく、工業簿記についても出題され、世の中のお金の動きなどについて広く深い理解が必要となります。

 

超難関の1級だが…

 1級試験については、超難関試験だと言われています。取得しておけば大企業への転職の際、大きなアピールポイントとなるでしょう。

 

 しかし、無理して取得する必要はありません。試験を突破するためには、数百時間もの勉強時間が必要になると言われていますので、あまりコストパフォーマンスが良くないのです。

 

 経理の知識だけが必要となるわけではありませんので、その時間を使って広く他のジャンルの知識・ノウハウを身に着けるようにした方がいいかもしれません。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト