総務職のスキルアップに「ビジネス能力検定」

 総務等の事務職従事者又は転職を含め就職しようとする方は、一度は秘書技能検定やビジネス能力検定を目にし、挑戦してみよう或いは受験し既に合格証をもちながら自信を胸に仕事をしている人も多いことだろうと思います。

 

 この検定は、どちらかというと女性向資格であるといえます。お茶くみや給仕の仕方、お客様の通し方、上座下座を見分けた案内の仕方等、テキストのイラストも女性が映っているように、作者(編者)は女性をイメージしているのだと思います。

 

 今回はビジネス能力検定についてその魅力と転職にどれだけ有利かという点についてコメントさせていただきます。

 

 そのビジネス能力検定は1級から3級があり、7月と12月の年2回(1級は12月のみ。一次・二次試験有。)実施され受験資格はありません。半年間隔で挑戦できますので、勉強時間も200時間から300時間もあれば十分といわれていますから、適度な感覚で実施されている分、受験者としては臨機応変な対応が可能です。

 

 試験内容も会社全般の環境というもの、その環境作り、人事労務の在り方、対外的お付き合いの作法、電話や名刺のマナー、ビジネス文書の書き方、お辞儀の仕方、敬語・謙譲語・丁寧語の使い分けによる言葉遣い、社内外の慶弔時の対応等々、先述したように総務職で必要な業務が所狭しと登場しますので、既に総務職に就いている人にはステップアップにもなりますし、これから転職しようとする人には、採用側に一定の訴求力を示すことができるでしょう。特に女性、それも20代で取得すればそれなりの効果が期待できる資格です。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト