就職サイトや求人サイトなどでは、時々「非公開求人有ります」という謳い文句を目にする事がありますよね。
ほとんどの場合は会員登録を済ませた人にだけ公開される情報だったりもします。
非公開で募集が行われるケースとしては、企業側の都合や幾つかの理由が有ります。

 

既卒者の就職におすすめの求人サイト

 

新規プロジェクトの立ち上げや極秘に行われる業務への募集の場合にはライバルの他社や一般の人達には知られたくないという理由から非公開で求人が掛かる事があります。

 

それから、急な欠員や急ぎの案件業務などに掛かる募集も一般公募から人材を選んでいたのでは、タイミングが間に合わないなどの理由から、あらかじめ人材バンクなどに登録されている人材の中から有能な人材を紹介してもらうようなケースが多々あるのです。

 

他には、応募が殺到すると予測できる人気の職種や職場や企業などはエージェントに対して求人をし、その中の限られた有能な人材をマッチングしてもらうという効率的なやり方で非公開求人という扱いにする事も多いようです。

 

非公開求人の中にはこのように大変魅力的な求人が沢山含まれている可能性があります。
そういった情報を扱うサービス会社やエージェントには殆どの場合キャリアコンサルタントやアドバイザーのような存在のスタッフがいて、利用者が登録した内容のスキルやキャリアを鑑みながら上手にマッチングの上、紹介をしてくれます。

 

就職や転職活動において魅力的な非公開求人情報を逃さない為には、そのようなサービス会社への登録が必須です。



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト