総務のお仕事とは?総務転職を成功させるポイント

総務転職するべきこと

 総務の仕事は、株主総会の事務局として招集状の作成、総会準備及び運営する「株主総会関連業務」
取締役会など会議運営、健康診断、社内外のイベント企画運営、社内外の慶事及び弔事手配、社内キャンペーン企画、推進、贈答や年賀状の送付を行う「行事関連業務」
電話及び来客の接客業務、建物や社用車などの固定資産管理、社内外文書保管、郵便物取扱い、印鑑管理、公的文書の作成及び提出、法務関係手続き、取引先名簿作成などの「庶務関連業務」の3つに分かれています。

 

 企業の管理部門として人、物、金、情報全てを統括しますので、いずれかの経験があると転職には有利です。

 

 

 

 総務に転職するにあたって、企業の大小により多少求められるスキルや経験はことなりますが、業種を問わず各部署と連携することが多いため、コミュニケーションスキルや簿記3級程度の知識を最低限求められます。
 また、語学力や商法などの法律知識を求められることもあります。一般的に総務転職では、若年層の人材確保に力を入れている会社が多いので、情報誌や転職情報サイトを利用すると効率的に情報を得ることができ、必要なスキルや経験を確認して自分なりにアピールすることができるでしょう。

 

 

総務転職を成功させるポイント


 総務で転職する場合、大手上場企業で総会事務や株式管理などの経験があり、語学が堪能であれば、上場企業だけではなく、IPOを目指すベンチャー企業においてもニーズがあり、好条件での転職が可能になります。
 また小規模の会社では、総務だけではなく人事業務も併行して行うことがあるために人事、総務両方の経験があると転職に際し幅広い選択肢があります。

 

 総務転職を成功させるには、転職エージェントを利用すると、業界経験豊富なコンサルタントが人事・総務職における最新の転職マーケットの分析や、独自のネットワークで非公開求人などを紹介してくれるだけでなく、書類のアドバイス、面接対策、キャリアアドバイスなどいろいろな相談にのってくれるので効率的に総務転職が可能になります。

 

 



トップページ 総務への転職成功の流れ おすすめの転職サイト